こんにちは!LEONです!

 

今回ご紹介するのは

俳優としてだけでなく

演出家・脚本家など幅広い業界で活躍している

松尾スズキさんについて!

 

松尾スズキさんといえば

自身の小説が芥川賞候補に選出されて話題になっていますね✨

 

今回はそんなマルチの才能をみせる

松尾スズキさんについて

  • プロフィール
  • 芥川賞候補の本って?
  • 過去の作品(本)は?

の主に3つを見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

松尾スズキプロフィール

芸名:松尾 スズキ(まつお すずき)

本名:松尾 勝幸(まつお かつゆき)

出身地:福岡県北九州市八幡西区

生年月日:1962年12月15日

年齢:55歳(2018年6月時点)

職業;俳優、劇作家、脚本家、演出家、映画監督、コラムニスト

劇団:「大人計画」主宰

ざっくりこんな感じのプロフィールになっています!

 

まず、松尾スズキって芸名だったんですね!

なぜスズキって芸名が付けられたんでしょうか?

 

気になって調べてみたら

どうやら2説あるらしくて

 

魚のスズキが出世魚だから

芸能界で出世するべく付けられた説

 

地元の九州では

スズキという名前が珍しいために

東京っぽい名前だろってことで付けられた説

 

正直話しを聞く限りは

圧倒的に前者の方が説得力ありますよね😅笑

 

また、プロフィールの職業を診てもらえば分かるように

俳優だけでなくほんとにいろいろな活動をなさっていますよね!

 

しかし、本人は高校生の頃

漫画家になりたいために毎年漫画賞に応募し続けたり

大学はデザインを専攻して

漫画研究会にも所属していました。

 

しかし、自分に絵の才能が全く無いことを知り

演劇研究会に移動することに笑

 

一見才能がありふれている方なのかな?

と思っていたんですが実は学生時代に挫折していたんですね

 

また、なぜ漫画研究会から演劇研究会に変えたのか?というと

どうやら松尾さんは小さい頃から

「動きが変」と言われていたそうで

 

そこから人の体の動きに興味が湧き

コメディアンに興味を持ったみたいです!

 

動きは変ってなに?って思われるかもしれませんが

小さい頃はほんとに落ち着きがなかったみたいで

友達も1人もいない子だったらしいですよ😅

 

そんな漫画家を諦め

コメディアンの魅力にハマった松尾さんは

在学中に劇団も創設するほどの熱量があったのですが

 

大学4年で突如、また絵画に目覚め

大学を落第することに😅

 

その後就職活動をして東京で働くようになるんですが

そこでも挫折してしまいます。

 

そこで26歳の時に一念発起してまた劇団を創設する

それが現在松尾さんが主宰する「大人計画」になります。

 

その後、劇作家として第41回岸田國士戯曲賞受賞

テレビや映画などで役者としても活躍するようになります!

 

そして現在に至ると行った感じになります!

 

スポンサーリンク

 

芥川賞候補の本って?

今回、第159回芥川賞・直木賞の候補作品に

松尾スズキさんの小説が選出されたのですが

 

その小説がというと

「もう『はい』としか言えない」

 

 

内容はというと

二年間の浮気が、キレイにばれた。別れたくない。二度目の結婚で、孤独な生活はこりごりだ。
妻の黒いヒールスリッパの鼻先に、海馬五郎は土下座するしかなかった……。
無条件降伏として、仕事場の解約と、毎日のセッ◯スを、妻から宣言された。
性に淡白な海馬五郎は、追い詰められて、死すら望むものの、死ねるはずもなく、がんじがらめの日々を過ごしている。
半年ほど息苦しい生活を味わった頃、海馬五郎は、フランスのエドルアール・クレスト賞の受賞を知らされる。
「世界を代表する5人の自由人のための賞……?」
胡散臭いものだが、パリへの旅費と一週間の滞在費を支給してくれるらしい。
飛行機が嫌いで、外国人が怖い海馬五郎も、一週間は妻とのセッ◯スを休めるというので、その誘いにのった。
これが悪夢の旅になったのである。

 

自由人のための賞で

パリへ行ったのにそこから悪夢の度になるって

どういう展開になるか全く想像する出来ませんよね😅

 

また、帯には

「もうわらうしかない」と書かれていて

気になって仕方ない笑

 

カイジとかが大好きな自分としては

本気で読んでみたい作品ですね

 

 

過去の作品(本)は?

今回芥川賞候補に選ばれたわけですが

実はこれが初めてではなく

過去にも芥川賞候補に選ばれた作品が2作品ありました!

 

まず1つ目が

2006年に選出された

「クワイエットルームにようこそ」

 

 

 

内容が

恋人との大喧嘩の果て、薬の過剰摂取で精神病院の閉鎖病棟に担ぎ込まれた明日香。そこで拒食・過食・虚言・自傷など、事情を抱えた患者やナースと出会う。普通と特別、正常と異常…境界線をさ迷う明日香がたどり着いた場所はどこか?悲しくて笑うしかない、絶望から再生への14日間を描いた

 

系統的には今回芥川賞候補の選出された本と似ていますね!

松尾さんはこういったジャンルを得意としてるみたいです✨

 

 

2作品目が

2010年に芥川賞候補の選出された

「老人賭博」

 

 

これも表紙を見ただけで

今まで紹介した2作品と似てそうなのが分かりますね!

 

内容はというと

北九州のシャッター商店街に映画の撮影隊がやってきた。俳優たちの退屈しのぎの思いつきから、街は最高に心ない賭けのワンダーランドに。人の心の黒さと気高さを描きつくす、奇才4年ぶりの小説。

 

カイジ感満載な小説✨

ていうか、松尾さんって奇才と称されてるんですね笑

 

また、この作品は漫画としても出版されているみたいです!

なりたかった漫画家にはなれませんでしたが

原作者として漫画に携われたのは相当嬉しかったでしょうね✨

 

まとめ

以上が松尾スズキさんについてでした!

 

いかがだったでしょうか?

大学卒業してから数年間は

精神的にもつらい時期がたくさんあった中で

 

そこから一歩踏見出し劇団を作って

数々の実績を残していったのは

ほんとうに凄いですよね

 

そんなつらい時期を乗り越えたからこそ

このような作品を作れるんだな

というのも感じました!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

では、また別に記事で!!!

スポンサーリンク