こんにちは!LEONです!

 

今回ご紹介するのは

5月21日に亡くなられた

登山家である栗城史多さんについて

 

栗城史多さんの死因などを少し触れながら

  • 学歴、登山記録などのプロフィール
  • 結婚して妻や子供がいるのか?

などについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

栗城史多のプロフィール

名前:栗城 史多(くりき のぶかず)

生年月日:1982年6月9日

年齢:35歳

出身地:北海道

学歴:札幌国際大学人文社会学部社会学科卒

職業:登山家、起業家

 

と、こんな感じのプロフィールになっています!

 

北海道出身の栗城さん

大学は地元の札幌国際大学に進学します!

 

偏差値は36とそこまで頭の良い大学ではなさそうです。

 

登山を始めたきっかけは?

 

栗城さんが登山を始めたきっかけとなったのが

高校の頃に付き合っていた彼女の影響だったらしいです。

 

彼女の好きな男性像が

 

①車を保持していること

②大学を出ていること

③公務員であること

 

の3条件だったみたいで

栗城さんは彼女の理想の男になろうと

大学時代に車を購入し、あとは大学を出て公務員になるだけだ!

という矢先に彼女に振られてしまったそうです。

 

しかし、栗城さんは彼女に未練ありまくりで

彼女が登山部に入部していたということから

「彼女と同じ景色を自分も見たい」

という理由で登山を始めたみたいです!

 

元カノへの強い感情が栗城さんを登山に導いたんですね!✨

 

ここまで元カノにゾッコンできるって

その元カノさんがどんな方だったのか気になります😅

 

 

栗城史多の登山記録と死因について

世界七大陸最高峰と呼ばれる

  1. マッキンリー(北米最高峰)
  2. アコンカグア(南米最高峰)
  3. エルブルース(ヨーロッパ最高峰 )
  4. キリマンジャロ(アフリカ最高峰 )
  5. カルステンツ・ピラミッド(オセアニア最高峰)
  6. ビンソンマシフ(南極大陸最高峰)
  7. エベレスト(ユーラシア大陸最高峰)

 

のうち、栗城さんはエベレスト以外はすべて登頂成功していました。

 

エベレストに至っては過去7回に渡って挑戦しているが

登頂成功には至っていませんでした。

 

エベレストの標高は8,848Mもあり

いずれも8,000Mの壁を超えられずにいました。

 

そんなエベレスト登山、4度目には指が凍傷にかかってしまい

なんと指9本を切断することになります。

 

指が9本失くなってもまだエベレスト登頂を諦らめない栗城さんは

8度目のチャレンジとなる今回のエベレスト登山で亡くなってしまいました。

 

登山途中から栗城さんは体調不良に襲われ

下山途中に息絶えてしまったのこと。

 

また、今回のエベレスト登山は

インターネット局「AbemaTV」

で登山の様子を放送される事もあって

 

エレベスチ登頂に対する強い執着心が

今回の結果を生んでしまったのではないかと言われています。

 

確かに、過去7度挑戦していますし、

エベレスト登頂すれば世界七大陸最高峰を制覇し

歴史に名を残すこともできるということで

執着する気持ちは十分わかる気がします。

 

スポンサーリンク

 

結婚して妻や子供がいるのか?

エレベスト登山途中で亡くなってしまった栗城さんですが

 

結婚はして妻はいるのか?

また、子供はいるのか?

 

と、残された方について気になりますよね。

 

そこで調べてみたところ

栗城さんは結婚していないとのことでした。

 

登山一筋で結婚願望などはなかったのでしょうか?

 

しかし、栗城さんの今までを考えてみると

1つのことに執着する力がとても強い方なのかなと思います。

 

高校時代の彼女の影響で登山を始めるなど

指を9本切断してもなお登山家を続けるなど

もう、登山の魅力に取り憑かれていたように思います。

 

 

まとめ

以上が栗城史多さんについてでした!

 

いかがだったでしょうか?

 

登山ってとても危険な反面

それを考慮しながらも登頂したいと思えるほど

魅力的なスポーツ?なんだと僕は少し登山について感心を持ちました。

 

ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

では、また別の記事で!

スポンサーリンク